きめの細かい温かい医療

院長は、現在の全国の大学病院でも診療・教育を行っていますが、当院では開業医でなければ出来ない「きめの細かい温かい医療」を目指しています。

具体的な診療に関して

“虫歯と歯周病”は細菌による感染症で、全身の健康へ影響することが分かってきています。
そこで、治療と同時に特に口腔衛生指導と処置に力を入れています。また、“歯並びや咬み合せ”は子供の時から育成することで、将来、大掛かりな矯正治療を避けることが出来ます。
その結果、子供と親の両方の負担が少なくてすみますので、小児期に咬合の診査を受けることをお薦めしています。
残念ながら“歯を失ってしまった場合”は、ブリッジ・入れ歯・インプラント等の治療法があります。
それぞれ利点・欠点があり、各人でどの方法が一番良いか異なります。十分な診査を行った上で、出来るだけ患者さんのご希望を尊重して治療を進めています。