どこにも異常がないのに「歯が痛い」、心因性のトラブル?

歯を失う原因の一位は歯周病で、二位が虫歯です。虫歯は若いうちに罹患し、その後は一度治療した歯の再治療が中心です。ですから、小児期に虫歯にならないようにすることが重要です。一方、歯周病は成人になってから増えてきます。体質なども関係しますが、どちらも細菌感染症ですから、口腔内の衛生状態や生活習慣 を変えていくことで予防することや重症化を防ぐことができます。

和気 創